百戦錬磨の記憶_φ( ̄ー ̄ )

RO.Surt鯖 対人系考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gvギルド運営考察。

今回もってきたネタはなんというか・・・範囲が広いw
ようするに対人ギルドとしてのあり方や認識の必要性を考察しようって感じ・x・

沢山のギルドがあってその性質や体質は違い
より優秀なギルドが上位へ上りつめ成果を残している。
では強いギルドと弱いギルドの差とは何なのか?
そう聞かれればまず頭に浮かぶのが
「数」「装備」「質」
などと思うのは必然だがこれが正解であって正解ではない。

当然ながら全てのギルドが最初から強いわけではないので
強くなるまでの経験というものがある。
もちろんキャリアで装備や質も当然差はでるが
そこを突きつめればキリがないので
まず何をすべきなのか、何を目指せばいいのかという観点から話します。

まずこの事を頭に叩きこんで下さい。
「Gvとはチーム戦」
え?当然じゃんって思った?
そう、当然なのに当然の認識がなされていない事実がある。

とある君はこう思った事はないだろうか・・・?
「こいつら・・・使えねぇ!」
対人を愛する者ならば誰しもが思った事だろうと思う。
これは有力な力や知識をつけた一部の対人層が、
あるとき勝機を見出してもその他メンバーが応えてくれず
理解できるが故の歯がゆさを感じた時に生じるストレス
です。

例えば、
あのクリエを早く処理しないといけないのに・・・とか
後衛さがれってwwwとか
前衛行かないとジリ貧で負けるだろうがwwwとか
乗り込んできた敵前衛処理しないとされたい放題だろ!!!
などなど・・・。

だが自分が沢山いるわけでも分身できるわけでも
ましてや味方をマリオネットのように操れるわけでもない。

あのギルドだったらとか、あの同盟ならうまくいくだろうにとか
強いと認識できるギルドならばまるで思い通りの展開になるような
そんな妄想を抱いた事はないだろうか?

しかしこれは他人のものは良くみえるだけなのである。
実際どこの対人ギルドにも本気で対人を行うユーザーというのは
半数以下にも満たない程度のものであり
ほとんどが足並みを揃えるように対人を楽しんでいる事。


ではなぜこんなに差がでているのか?
ようするに愚痴るだけではなく発想を変え不満を持つ前に
満足できる環境を作り上げている事にある。
この作り上げられた環境によって便乗・影響され
対人意識の高い層が拡大する。

そうするとギルド全体の対人意識の平均値があがり
同時に全体的な足並みも高い平均値に統一され
結果として強いギルドが誕生する


自分についてこれない不満を嘆くだけではなく、
それを改善すべく行動し努力を実らせ
高い層と低い層との結束を作る必要がある。
もちろんマスター1人が必死こいて達成できるものじゃない。
不満を持つ仲間どうし協力することによって
環境の整ったギルドというものが成り立つのである。

ギルドとはマスターのものではなく
みんなのものなのだから
みんなの力で変えなければ変わらない

文句ばっかつけてても始まらない。
簡単な話である。


これからその具体論をば。

まず対人において指摘する面があるとするなら
意識の高い層は早い段階で改善が求められ、
低い層はスムーズに改善されるとは限らない。
だがギルドを強くするには高い層を底上げするより
低い層を底上げしたほうが総合的に戦力はあがります。
よって低い層を育てる事がギルドを強くする上では
1番の近道とも言えるのではないでしょうか。


どこまで求めるかにもよりますが求めすぎず
あまり期待せずに最低限をこなして貰う事を念頭におきながら
あくまで余裕を持って行う事です。

あまり無理な育成を施してしまうと
おのずと無理がでてきてしまい
逆効果になることがあります。


さて次に育成育成というが育成とは何か?

思い浮かぶものといえば
「キャラスペックの向上」「知識の向上」
この2点かな?

簡単な理論からすれば
より強いステータスでより強いスペックであったほうが
単純に強い
のは知っての通りである。

そこで連想されるものとは
狩り環境の整備もしかり
ステータス相談もしかり
金策相談もりかり。。。

基本的に対人意識の高い層のユーザーは
職やレベルが他より充実しており
装備や知識にもこえている傾向にある。
よって協力しあう事により狩り環境は作れる範囲にある。

ステータス相談等も大事な要素です。
キャラクターの将来性や利点などの知識を埋め込み
目標を具体化し、それによって
簡単なモチベーションの維持
にもつながる。

金策もスペックに直結する大切な要素で
今やキャラクターのレベリングは全体的にオーラに等しく
そこで何で差がつくかといえば単純に装備で
ただのアンフロタラ盾のLKより金ゴスWメギンLKのが当然強く
そんな神装備とはいわずともV肩V鎧V盾揃えただけでも
かなりの耐性がつきそれだけ戦力があがる。

これ全て仲間同士の駆け引きで
高い層の願望を叶えたいがために
低い層の人に努力をこう形になっている。
しかしそこで求めるばかりではなく
低い層が努力できる環境提供や
何を頑張ればいいのか何をすればいいのかといった
具体的な目標を指示し手伝う事によって
互いの利を生みだしている
のである。

これによって互いの不公平はなくなり
高い層の期待に答えれるように低い層が努力し
その代償として高い層は低い層に積極的に協力するといった
利害関係が成り立つのである。

高い層に限らず低い層も
弱いよりは強くありたいと思うのが自然で
集団行動の中で全体の意識が向上さえすれば
自ずと多数派に添うように流動し
結果、質の高いギルドがうまれる
わけである。

この時その高さに添えない者がいた場合
残念ながら長くそこに居座る事はないだろう。
友は類を呼ぶというが
同じ価値感の人間が互いに肩を並べる習性というのは
友達に限らず集団行動そのものに影響を及ぼすものです。
ましてやこれは仕事ではなくゲームであり
強制的な要素がないためギルドメンバーとは
友達に似た関係にあること。

たかがゲームといえど中には人がいて
交流の上になりたっているMMOなのだから
ここで成立する人間関係もリアルと同じものであること。
そこが理解できない人ははみ出され
中にはPTに誘われないソリストなどもいる。
口では簡単に何でも言えますが
人に影響を与えようとするのは
非常に難しい事で積み重ねこそ大切
になってきます。

もちろん育成側の負担というものも大きいでしょうし
はたから見れば育成されてる側は手伝って貰って
利益しか生まれてないんじゃないかなんて
不平不満を抱くのも無理ないかと思います。

しかし目の前の結果だけにとらわれず
全体的な視野でみれば
本来の目的であるGvGとしての向上や
自分が望む敷居の高いGvが
昔の頃より確実に近い位置にある事に気づくでしょう。

その成長を実感できるとき
やりがいや優越感、達成感など
はたまた自分の存在価値すらも向上
ギルド内で中心的な位置にいても不思議ではないでしょう。

このように発想を変化させ
より効率的な育成を行うことで
より充実した人間関係を確立させるなど
何1つ無駄な努力ではないこと。
人間関係をうまく成立させることも
ギルドを守る上では大切な事
です。

以前、連携プレイについてもお話しましたが
この連携をスムーズに行うには
意思疎通が大切になってきます。
意思疎通を行うには互いの理解が必要です。
それには人間関係をうまく成立させなければなりません。


そこまで対人に必死になれないってならそれもいいでしょう。
ゲームですからねw
楽しみ方は人それぞれです。

1からの運営というのは限りなく難しいと思います。
ある程度の対人ギルドコアメンバーを抱えているのであれば
それが土台となって成長もしやすそうだけど
土台からとなると今は難しいかもですね。


まぁこれぐらいにしますか・・・。
考察記事ってすごく長くなりますね・3・;
ちょっと疲れます^^;

考察ネタが多すぎてこまるぐらいあるんですけど
EMC戦術や防衛戦術・攻め戦術・各職戦術
この3つだけでも種別にすればもうね・・・。

更新頻度落そうかなw
それか1つの話題を数日に分けるとか・・・?
ありかな!!!


おまけ。

さて今日のおまけは「勇者様」について。
単騎特攻で見事に死んでいく勇者様。
ただ特攻して死ねば勇者なんて言う人いるけど
言い切れるもんでもない。

ようは勇者を活かすも殺すも仲間次第な時もあるって事。
バックサポート次第では勇者が英雄になることもある。

ときおり見るのが前衛が敵陣乗り込んで数秒で落ちてたけど
戦況というものは常に流動していて
秒単位で変動していくもの
です。
前衛が乗り込んで敵の態勢がひるんだ瞬間
一気に攻勢に転じてさえいれば勝てた等。
勇者じゃなく英雄になることも・・・!

まぁ一部だけどw
ただ前衛頑張ってるのに後衛眺めてるせいで
勝機逃してるなーって思った事があったから。。。
10秒も敵陣にいれれば上等じゃないかな。
敵陣なんて脱衣ADS阿修羅の的になるし
敵も自陣敵前衛を優先的に処理したがってるんだから
すぐ殺されないほうがおかしい・3・

ときには無理に押し込まないとじり貧でまけたりするからね。
何が正しいとか間違いとかは言いにくいんだよ・x・

でも本当の勇者はいるよね。
完全に乗り込むタイミング間違えてるというか・・・
今乗り込まれてもついていけないとかねw


おしまい。
スポンサーサイト

コメント

なるほど、言われてみればそんな気がします。
中途半端じゃ到底変えられないということですね~
努力したつもりでも必ずしも評価されるとは限らないですし・・・
ありがとうございました。

Re: anubis様

> 考察いっつもみてます
>
> かなり共感できるところがありました
> 意識というか価値観というか、そういうものの違いを埋め、環境を変革するのはとても難しい・・・
>
> ちょっとお聞きしてみたいのですが、マスターでも幹部でもない一メンバーが、満足のいく環境というものをG内に作り上げるのって可能でしょうか?
>
> ギルド運営考察・・・だから、やっぱりコアメンバーじゃないと難しいですか?


可能ですよ。というか可能にするのです・3・
1つ書き残すとギルドに対して影響力の大きい存在を
俺はコアメンバーや幹部と称します。
よって何でもないメンバーっていうことは
ギルドに対して貢献値が低いということです。

ギルドの為に対人が強いのもしかり
ギルドの為に育成を施すのもしかり
ギルドの人間関係を保つ仲介役もしかり
ギルドとギルドの外交を受け持つ重役もしかり
マスターもしかりと
これを主にこなす人を幹部やコアと思ったりしませんか?

ようするになろうと思えば誰でもなれるのです。
必要なのは行動力と責任感。
考えそして行動に移す。
一度やりだした事は途中で投げ出さず
最後までやりとおす責任感。

幹部やコアメンバーというのは授かるものではなく
作り上げるものであって
マスターから「明日からお前幹部な!」なんて決めるもんじゃない。
己が努力した功績をまわりのメンバーが評価し
支持を集め、頼れる仲間として存在し
その居場所っていうのかな?

極論、ただキャリアが長いだけでエラそうにしてるのは
メンバーからの信頼も薄く
幹部やコアメンバーとは自称の範囲。
ただエラそうなだけのメンバーってことです。

指揮ができたり統率力をもってたりすると
大幹部というかマスターほどの権威をもったりしますねw

考察いっつもみてます

かなり共感できるところがありました
意識というか価値観というか、そういうものの違いを埋め、環境を変革するのはとても難しい・・・

ちょっとお聞きしてみたいのですが、マスターでも幹部でもない一メンバーが、満足のいく環境というものをG内に作り上げるのって可能でしょうか?

ギルド運営考察・・・だから、やっぱりコアメンバーじゃないと難しいですか?

Re:某閲覧者

> なんでしょうその法則は。
> はじめて聞きましたねぇ。。。

簡単にいうと大人数vs少人数の戦闘において
より効果的な戦術を説いた法則ですね。

返事ありがとうございます。

なんでしょうその法則は。
はじめて聞きましたねぇ。。。

Re:某閲覧者様

> よく見させてもらってます。
> 私もGv参加Gにいるのですが、みんなが楽しいGvをできるように努力はしていきたいと思っています。
>
> まだまだ弱い弱いGですが、GMと協力してがんばりたいですねぇ^^
>
> ちなみに超小規模所属なので、
> 管理人さんお時間あれば小規模G考察とか書いてくれると嬉しいです♪


見ていただきあざーっす・x・
どんなGでも基礎ができてないGは弱いっすw
だからこそ基礎を確立し最低ラインを上げないとだめなんです!

小規模考察ねー
今回書いたのは大手~小規模全てにいえることだから
小規模なりの戦い方なら考察できるかな?
ランチェスターの法則ってわかります?

ブログ

よく見させてもらってます。
私もGv参加Gにいるのですが、みんなが楽しいGvをできるように努力はしていきたいと思っています。

まだまだ弱い弱いGですが、GMと協力してがんばりたいですねぇ^^

ちなみに超小規模所属なので、
管理人さんお時間あれば小規模G考察とか書いてくれると嬉しいです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://belceuse731.blog65.fc2.com/tb.php/27-4931b8e4

 | HOME | 

文字サイズの変更

更新履歴&お知らせ。

-2010年2月4日 開設-
考察記事を読む前に。※必読

見てます倉庫(7/2更新)New!!
ギルド別勢力図(6/3更新)
砦別勢力図(3/29更新)
勢力図閉鎖中。

WebMoney ぷちカンパ

プロフィール

Belceuse

Author:Belceuse
ベルセウスと名乗る自称男の子。
ウルドで日夜繰り返される殺戮から逃亡・・・。
そして『ラヴandピース』を求めSurtに移住を決意する。

だがそこに愛は無かっt(ry

いらっしゃいませ(*^^)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

考察 (22)
情報 (7)
Gv勢力情報 (0)
Gv-Report- (7)
その他 (31)
砦集計用 (14)
RO以外 (11)

月別アーカイブ

検索タグリスト

RO ラグナロクオンライン 考察 Surt 対人 GvG ロイヤルガード RG パラ 修羅 王 チャンプ Belceuse ベルセウス 戦略 運営 

対人系ブログ様リンク集

ブログみてますん・x・

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。